スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

星が眠る五線譜で 

2017/02/15
Wed. 21:37

こんばんは。
アニメ観たりソシャゲやったりしていたらあっという間に2月になってしまいました。


夏コミに申し込みました!
c92.png
いろいろ悩みましたがジャンルは咲で申し込むことにしました。受かったら咲では2年ぶりです。
シノハユで描きたい話をずっとあたためているので、形にできたらいいなぁと思います。
昨年出雲に旅行に行った経験もどこかで活かしたい……活かしたくない?


2月4日、TOHOシネマズ日本橋の劇場版咲-Saki-の舞台挨拶に行ってきました。
DSC_1734.jpg
チケット発売日の日付が変わる瞬間にチケットを購入したので、前から4列目のほぼ真ん中というとても良い席で観ることができました!
私の観た回には清澄の5人と鶴賀のかじゅ・かおりん役の2人と監督が登場しました。
DSC_1745.jpg

劇場版のキャストが発表されたときはどうなることかと思いましたが、インタビューを通じて演者のみなさんが作品やキャラクターに対して真摯に向き合っていることが伝わってきて嬉しくなりました。
それに!なんといってもみんな美少女なんですよ~ww
原作では咲の容姿については特筆されていなかったと記憶していますが、映画の咲役の浜辺美波さんはとてもかわいくて、この方が主人公役でよかったと思いましたね。
舞台挨拶では和役の浅川梨奈さんが終始明るく喋っていたのが印象的でした。実際には和とは正反対の性格なんだとか。

映画は長野県大会が丁寧に描かれていました。
鑑賞に先立って原作を7巻まで読み返したのですが、映画でも個々のキャラクターや学校のエピソードがうまく抽出されていると感じましたね。
京太郎の存在は抹消されていたけど(笑)
あとおはようのどっちの羽化シーンの気合の入り具合(笑)
大将戦では華菜ちゃんを応援したくなりました。
衣はホラー映画のようになっていたのでw、もう少しかわいらしい部分を強調してもよかったかなと思いますが、最後にはちゃんと龍門渕の仲間として受け入れられる場面が描かれていてよかったです。

7年以上読み続けている大好きな作品の映画化という、大切な機会に立ち会えたことが幸せでした。
全国編も各種スピンオフもいいけどやっぱり長野は特別という感じがします。



最近はミラクルニキというソシャゲにハマってお洋服の着せ替えに勤しんでおります。
でもクエストと全然関係ない好みの洋服を作ったりしているからなかなか進まないです!!
まったりやっていきます。


それでは、また。
カン!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。