FC2ブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ここから始まる新しいストーリー 

2018/01/21
Sun. 22:09

こんばんは。
新年初の更新となりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨日は新宿バルト9へ咲-Saki-阿知賀編episode of side-Aの舞台挨拶を観に行ってきました!
昨年の咲-Saki-の舞台挨拶も行ったので、阿知賀編もぜひ行きたいと思っていたのでした。チケット取れてよかった~!
体調が悪くあまり声が出なかったのですが……心配せんといて、仮病やから。

私が行ってきたのは上映前舞台挨拶で、登壇者は阿知賀女子学院の5人と白糸台の5人と福与恒子さんと監督でした。
20180120.jpg
事前にドラマを全話観て、阿知賀編も全巻読み返してこの日に臨みました。
なので細かな部分に取捨選択のこだわりを感じることができて勝手に満足しました。w

以下、ネタバレ感想↓
・すばら先輩の演技がすばら。声まで研究されてた。
・客席のまいひめプラカード。あの世界にも百合厨がいるのかw
・鶴田姫子さんと白水哩さんの足が細い。そして美少女すぎる。二次元かよ。
・哩から姫子に与えられるキーが小さいwww
・竜怜よかった。期待をはるかに上回ってました。竜華が怜を見守る視線が儚げで温かくて、自分の思う竜華の雰囲気にぴったりでした。大将戦自体目が離せませんでしたが、小倉優香さんは特に目で追ってしまいました。各種能力者に比べて竜華は若干存在感が薄かったにもかかわらず。
・怜もトリプルを使おうとするところでグッときました。
・竜華のふともも。
・先鋒戦と大将戦が丁寧に描かれていてよかった。逆に次鋒~副将は結構カットされててマタンゴはもはや何も説明されていなかったですねwドンマイ。でも亦野誠子役の岩田華怜さんは舞台挨拶でもビジュアルブックでもしっかりしたコメントをされていました。
・上記に関連して言うと次鋒戦で泉が自信を喪失したときにフナQが言った「インターハイに学年は関係ある」のくだりは入れてほしかったかな。
・ついでに泉に勢いよくドアを閉められて寂しがるフナQも見たかったかも。
・穏乃の目力に圧倒された。
・あわあわの強気な表情がかわいかった。
・アコチャンダアアアはそこで来るのかww


いやあ、とてもいい作品でした。
私はもちろん展開すべて知っていたんですが、千里山と新道寺の敗退が決まったところでは思わず泣きそうになりました。
2時間でそれほど強く各校の思い入れが伝わってきたってすごいことですよね。

舞台挨拶で浜辺美波さんが「私にとって咲は青春のようなもの」とおっしゃっていたことが印象に残っています。
3年目もあったらいいな、と。
私も来年は全国編が観たいです!宮守が実写化されたら昇天してしまうかもしれません😇

私も高校生のときに咲という作品に出合い、それがきっかけで麻雀を覚え、銀子先輩と一緒に初めて同人誌を描きました。
自分の次元の話で恐縮ですが、私にとっても咲は青春です。
ずっと大好きな作品でいさせてくれて幸せです。


今は笑顔ノ花を聴きながらこの記事を書いております。
きみにワルツに続き、いい曲ですね!

ではでは~。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kukisu.blog.fc2.com/tb.php/101-f15c5ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。