FC2ブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

六女仙を従える霧島神境の姫 

2015/11/23
Mon. 23:11

こんばんは。岬です。


先週は一週間休みを取って、九州に旅行に行ってきました。
めったにない機会なので、行きたいところは全部行こう!と思い鹿児島(霧島)→長崎(佐世保)→福岡(北九州)と移動しました。
旅行の動機がほぼすべて漫画やアニメというどうしようもないオタク。


初日の朝は羽田空港から飛行機で鹿児島空港へ。
安かったのでソラシドエアという航空会社を利用しました。あなたがドなら私はレ!

鹿児島は咲-Saki-の永水女子のゆかりの地ということで、ずっと訪れてみたかった場所のひとつです。

DSC_0416.jpg
咲8巻の表紙になっているのは、霧島温泉郷にある新丸尾橋です。残念ながら現在はベンチは撤去されていました。
こちらは鹿児島空港からバスで霧島神宮へ向かう際の乗り継ぎ地点となる丸尾というバス停の近くにあります。
バスを降りると温泉特有の硫黄の匂いが立ち込めています。
乗り継ぎの約1時間を利用して写真を撮ってきました。
DSC_0428.jpg
11巻のエンドカードの背景のところ。
8巻表紙で巴さんが立っている階段を下りて歩いていくと辿り着きます。

近くの霧島温泉市場に売っていた温泉饅頭は、よもぎの皮に紫いもの餡という組み合わせが珍しくてとても美味しかったです。何より蒸したてでほかほかなところがたまりません。

ひととおり見て歩いたあとは、再びバスで霧島神宮に向かいます。
DSC_0441.jpg
第73局【予感】表紙の背景。本殿へ上る石段の途中から見下ろす形ですね。
DSC_0447.jpg
階段を上りきったところにある鳥居が、8巻の裏表紙の背景になっているようです。
周囲の木の様子からしか判断できないけど。特定した人はすごい。
DSC_0449.jpg
本殿ではひっそりとお参りしてきました。
勝手に広大な敷地をイメージしていたので、意外と小ぢんまりしているという印象を受けました。
しかし木々に囲まれた本殿はそれだけで神秘的な雰囲気を醸し出していました。

帰りはちょうどいい時間のバスがなくて時間を持て余していたところ、屋久杉資料館という建物があったので入ってみました。無料と書いてあるところにはとりあえず入る。
九面の展示を見て、その信仰を自分の目で確かめることができて少し感動しました。
DSC_0465.jpg
奥まで歩いていくと、600万円の値札がついた屋久杉の机などが普通に置いてあってビビります。
時間と体力があれば今度は屋久島にも行ってみたいなぁ……!もちろん悪石島もね。

夜は霧島温泉郷の旅館に泊まりました。
宿泊客が私のほかにいなかったようで、温泉が貸し切り状態で最高の気分でした。
料理もお酒も美味しくて、はるばる来てよかったとしみじみ感じたのでした。

翌朝は土砂降りからのスタートでした。
聖地巡礼を前日のうちに終えておいて本当によかった。
だがしかし!
霧島温泉郷からバスで霧島神宮駅(霧島神宮の近くとは言っていない)へ行く予定で、ネットで時間を調べてから宿を出発したのですが、バスの時刻表が変わっていて次は1時間後という。
今日の格言「時刻表はちゃんと見よう!」
これから霧島に行かれる方がいらっしゃいましたら、バスの時間は念入りに確認されることをおすすめします……。私は結局タクシーに乗りました(運転手さんはいい人だった)。

霧島神宮駅からは特急で鹿児島中央駅へ。
DSC_0477.jpg
霧島神宮駅は、赤を基調にした駅舎と入り口に立つ鳥居が特徴的でした。
以前訪れた京都の稲荷駅を彷彿とさせる感じ。と思って過去の写真を遡ったらそんなに似てなかった。

鹿児島中央駅にも咲に登場した場所があります。
DSC_0484.jpg
第77局【萎縮】(9巻p.94)で大会の中継をしているディスプレイは、鹿児島中央駅直結のアミュプラザ鹿児島というショッピングセンターのものです。
しかしこちらも本編登場後に工事があったのか、大きな柱が設置されていてちょうどいい角度で撮影することができませんでした。残念。
ちなみにアミュプラザ鹿児島で私が一番驚いたのは、アイカツの筐体で電子マネーが使えることですね。
プレミアムレアのカード使って遊んだら翌日の鹿児島県のランキングで5位に入ってました。アイカツ人口ェ……。

DSC_0482.jpg
食べてみたかった鹿児島の豚骨ラーメンも食べました。
チャーシューが美味しかった(小並感)

鹿児島といえば焼酎ということで、お土産に焼酎を買って鹿児島を後にしました。旅の序盤に酒買って荷物を重くする阿呆です。
魔王や森伊蔵といった有名銘柄はめっちょ高かったから酒屋の人に薦められるがままに薩摩茶屋というのを買いましたが、これはこれで飲むのが楽しみです。


そんなこんなで鹿児島、楽しんできました。
続きはまた後日書きます。よろしければお付き合いください。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kukisu.blog.fc2.com/tb.php/71-cef9516f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。